門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.07.15
豪雨災害の被災地・宮津市で懸命なボランティア活動!皆さんの高い志と行動力に敬意。酷暑の中、頭が下がる思いです。

14日から15日まで、宮津市で被災家屋の泥出し、家財の搬出などに当っていただくボランティアの皆さん。各日17名と市災害ボランティアセンターのスタッフ計20名、3日間で延べ60名が早朝から被災地へ。頭が下ります。先見隊を現地に。漸く現地の受け入れ態勢が出来、第一弾としてご活躍。応募いただいた多くの皆さんの高い志に心から敬意。被災地でのご活躍と安全をお祈りします。
京都市では、これまで応急給水活動や緊急消防援助活動のため職員を岡山・広島に派遣、今日も消防隊第2団を派遣。現在も奮闘中。また明日には災害廃棄物の収集運搬隊を倉敷市に派遣。
今後、市社協や「災害ボランティアに係るパートナーシップ宣言」を表明いただいた京産大、同志社大、佛教大、立命大、龍谷大などと連携しながら、市民ぐるみでの支援を続けてまいります。