門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.07.16
文化庁 宮田亮平 長官が宵山にご入洛。 先ずは、重要文化財 杉本家住宅の視察(祇園祭の舞台のひとつ)に続き、祇園祭の各山鉾町へ。じっくり説明を聞いて頂き、笛を吹かれたり、鐘を叩かれたり京都が世界に誇る無形文化遺産を堪能して頂きました。

文化庁長官が公式に祇園祭に参加されるのは初めて。明日はくじ改めに来賓として参加されます。
本日は、270年前、「奈良屋」の屋号で呉服商として創業され、今も昔ながらの京町家として大切に保存・継承される「杉本家住宅」をご視察。続いて、国内外からお越しの多くの方々で賑わう宵山へ。月鉾、山伏山などをご覧になり、「祇園祭ごみゼロ大作戦」のメンバーを激励!そして(公財)山鉾連合会をごご訪問。岸本理事長、福井副理事長らとじっくり懇談。京都に息づく「暮らしに根差した文化」を体感いただきました。宮田長官は、芸術家として、また東京藝大の元学長として輝かしいご実績。京都にも教え子やファンが大勢おられ、私も予てより敬意。文化庁の京都移転を見据え、新たな文化行政の創造へ!共々に頑張ってまいります。