門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.07.26
真言宗御室派総本山 仁和寺 第51世門跡 瀬川大秀 大僧正、吉田正裕 執行長、牟田清樹 総務課長がお越しに。懇談。

仁和4(888)年に宇多天皇によって完成し、皇子、皇孫が門跡を務められたことから門跡寺院の筆頭とされ「御室御所」と呼ばれた世界文化遺産・仁和寺。京都マラソンのランナーへの、僧侶の皆さんの心のこもった応援は、すっかり名物に。また右京区役所の健康づくり事業をはじめ地域のまちづくりに幅広くご貢献。敬意と感謝。
宗教都市としての特性がもたらす奥深い精神文化が息づく京都。これからも京都が大切にしてきた精神文化を広く発信し、地方創生、こころの創生に取り組むとともに、世界の平安に貢献することを改めて決意。