門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.07.28
旬な市政情報トーク 100回目のエフエム京都、KBS京都。ラジオ2番組

α-STATION エフエム京都ラジオ「C's NAVIGATION MAYOR TALKS☆KYOTO」。記念すべき100回目!平成22年の番組開始以来お世話になっているDJ川島郁子さんとトーク。KBS京都ラジオ「大作・英樹のだいすき☆京都」。羽川英樹さん、アシスタントの中山奈奈子さんとお届け。
まずは、西日本豪雨について。亡くなられた方々に哀悼の意を表し、被災された方々にお見舞い申し上げます。京都市では、緊急消防援助隊、応急給水活動、災害ごみの処理などに231名の職員を広島県、岡山県へ派遣。また府北部では、スタッフを含め延べ62名のボランティアの皆さんが活動。引き続き全力で被災地支援に取り組む決意をお話ししました。
続いて、発足70周年を迎える消防団と消防局について。消防団員は全国的に減少傾向ですが、京都市では52年ぶりに4,500人を突破!4月には未来を担うジュニア消防団を創設し、全行政区で310名が活動!昨今の地震や豪雨でも消防団、水防団、自主防災会の皆さんが大活躍!地域のためにご献身の皆さんへの敬意と感謝を込めてお話ししました。
また、観光消費額が4年前から6割増の1兆1,268億円となった観光総合調査結果、違法民泊対策や季節・時間・場所の「3つの集中」の緩和など京都市の観光政策、来年開催のICOM(国際博物館会議)と現在開催中のプレイベントについてもご紹介。
盛り沢山の内容を、両番組とも分かりやすく、絶妙の語り口で進行いただき有難い限り。深謝。


今月の記事

アーカイブ