門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.08.09
俳優の近藤正臣さん、作家の望月麻衣さんと実に楽しく有意義な鼎談!10/15自治記念日発行の「京都シティグラフ」

近藤正臣さんは、京都・祇園生まれ。明治30年に日本初の映画試写に成功した「日本映画発祥の地」である元立誠小学校のご出身で、昨年の同窓会にもご出席。日本を代表する俳優でありながら、ふるさと・京都を愛し、地域の絆を大切にされるお姿に感銘!一昨年、京都市文化功労者として表彰させていただきました。
望月麻衣さんは、累計発行部数80万部以上、大人気のミステリ小説シリーズ「京都寺町三条のホームズ」の作者。私も楽しく一気に読みました。私の家族もみんなファン!アニメも現在放送中で、先日、下鴨神社でのヒット祈願にもご一緒。北海道のご出身で、現在は京都に住まわれています。
鼎談のテーマは「Crossover Kyoto‐交流から生まれる、新たな京都の魅力‐」。お2人とも京都が大好き!それぞれが思う京都の魅力について話は尽きず、大いに盛り上がりました。機能強化した文化庁の京都への全面的移転を見据え、40年前の世界文化自由都市宣言を契機とした文化を基軸とするまちづくりを一層促進。全国津々浦々とつながり、全国の地方創生のモデルに!文化の担い手であるお2人と意気投合し、共々に文化の力で日本を元気に!と誓い合いました。深謝。


今月の記事

アーカイブ