門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.08.29
元清水小跡地活用計画がいよいよ始動!「記憶を刻み、未来へとつなぐ」をコンセプトに、地域コミュニティ、安心安全の拠点に。更に、歴史的な景観、文化を大切に、伝統産業、地域振興、安定した雇用の創造など、京都経済活性化につながるホテルの来夏開業へ、地域、事業者の皆さんと共々に!

明治2年、地域の皆さんによって創設、142年の長きにわたり、地域に根差した学び舎として愛されてきた元清水小。地域の皆さんのご英断で小・中一貫校「東山開睛館」が発足し素晴らしい教育活動が展開。
そして、清水小の跡地の活用について、10社ものご提案の中から選定されたNTT都市開発さんが、既存の歴史的な校舎は、外観を保存・再生するとともに内装をリニューアル。宿泊棟を増築し、客室数約50室、レストラン・カフェもある上質なホテルに!また、敷地内には、地元利用施設として集会所、展示スペースなどを新設し、グラウンドには芝生広場を整備、地域の憩いの空間としても活用。食器・内装・寝具などへの京都の伝統産業品の使用や伝統文化の発信も!
田中博武 清水学区自治会連合会長、NTT都市開発中川裕社長はじめ関係者の皆さんに敬意と感謝。