門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.09.12
続いて「中小企業が地域を元気にする」をテーマに、メイド・イン東大阪の人工衛星「まいど1号」打ち上げ計画の立役者・㈱アオキ 青木豊彦会長と熱く対談。

青木会長は、家業の鉄工所に入ってから、農業用機械や部品製造が主だった会社で、ロボット部品や航空機部品という新しい事業を開始。「NASA(米航空宇宙局)を目指そう」を合言葉に努力を重ねられ、ボーイング社の認定を受けるまでに会社は成長。航空宇宙産業を東大阪の地場産業に!と今も奮闘されています。
実践に基づくご発言は重く深く、同時にどこまでも明るく大らかな青木会長の大ファンに!すっかり意気投合し、大いに盛り上がりました。私からは、伝統産業から先端産業まで多様な産業が集積し、伝統文化とものづくり、更に、イノベーションを繰り返してきた京都のまちの特性、中小企業の担い手不足・後継者不足に対する京都市の取り組み、地域に根ざし、地域と共に継承・発展する中小企業を元気にすることで日本を元気にしていく決意をお話しし、京都の宝・日本の宝である中小企業の振興に全力を尽くすことを改めて胸に刻みました。深謝。


今月の記事

アーカイブ