門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.10.14
京都国際映画祭~「映画もアートもその他もぜんぶ」が融合した文化の祭典!大いに盛上りました。京都の魅力、強み、人間力の融合を実感!クロージングでご挨拶。5年目の今年はさらに深化・進化、国連の持続可能な17の開発目標SDGsとの連携も最高でした!皆さんに深謝

10/11から4日間にわたり、西本願寺でのオープニングを皮切りに、岡崎地域での巨大アートの展示、映画祭初のスポーツイベント、元淳風小学校でのアート展示など、市内各所で「映画」と「アート」をテーマに様々なイベントが開催、京都のまちが映画と文化芸術に染まった4日間!今年は国連のSDGsを踏まえた取り組みも更に深化。文化で世界に貢献を!と大いに盛り上がり、感動しました!
本日は、映画やアートの次世代を担う才能を発掘する「クリエイターズ・ファクトリー」の各部門受賞者の紹介も。文化の未来への継承、そした新たな創造の息吹きを感じ、心強いです。
中島監督、中村実行委員長、奥山総合プロデューサー、よしもとの大崎社長はじめ皆さんに心から感謝。また、きょうのよしもと 木村深雪社長はじめスタッフの皆さんのご献身に感服。更なるご発展を祈念。京都市も頑張ります。


今月の記事

アーカイブ