門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.11.21
社会課題の解決に向け情熱的に取り組まれている(公財)信頼資本財団がご主催。京都市の若手職員が未来の経営感覚・発想力を養う「未来設計実践塾」!熊野英介 理事長、岡村充泰 ㈱ウエダ本社社長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。

毎年11月に「誰かを、何かを信頼する心を育む日『信頼デイ』」を設定し、多彩な取組を実践されている信頼資本財団 熊野理事長。京都議定書誕生20周年「地球環境京都会議(KYOTO+20)」の関連事業としてシンポジウム開催、児童福祉施設へのご寄付など、多岐にわたる志高いご活動に心から敬意。
本日は、持続可能な社会を目指す国連のSDGsも見据え、「2045年の京都市のビジョン」を市職員がグループに分かれてプレゼン。岡村社長、合同会社こどもみらい探究社の小原舞さん、小竹めぐみさんから講評を頂き、最優秀グループを選定するプログラム。人口減少をはじめさまざまな課題にしっかり向き合いつつ、未来志向でビジョンを練り上げた職員の頑張りは心強い限り!
皆さんと共々に未来の京都・日本について考え、実践してまいります。