門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.11.26
障害を乗り越えた感動のアンサンブル「ララ・ソモス」京都公演でご挨拶。楽器、声と「手歌」@京都コンサートホール。大徳寺龍光院の小堀月浦ご住職のご厚意で、96名の総合支援学校の生徒・保護者の皆さんを無料招待。ご尽力の皆さんに敬意と感謝。

2005年に結成されたベネズエラのホワイトハンドコーラスグループ「ララ・ソモス」。ホワイトハンドコーラスとは、「声」を出して歌う合唱と、白い手袋をはめた「手歌」で表現する合唱が一体となった新しい芸術表現で、さまざまな障害のある方が、分け隔てなくご参加。手歌と合唱が一体となった素晴らしいパフォーマンス!深謝。