門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.11.30
京都市の「働き方改革チャレンジプログラム」モデル企業で創造的に改革を実践されている7名のリーダーの皆さんとの「第104回おむすびミーティング」。人を大切にする「京都ならではの働き方改革」を率先垂範されている㈱カスタネット(上谷竜介さん)、㈱KEIKAN(山本洋平さん)、㈱阪村エンジニアリング(風間辰也さん)、㈱すぎうら(西村惇さん)、大東寝具工業㈱、(樹下雄馬さん)㈱フラットエージェンシー(原司さん)、㈱仁木総合建設(片岡史朗さん)の皆さんに心から敬意。これらの実践を全市・全国のモデルに!

一人一人がいきいきと、効率的、創造的に働き、家庭・子育て・介護等も大切に。更に、町内会、PTA、消防、地域福祉等に積極的に貢献。これらにより「真のワーク・ライフ・バランス」を実現することで、人間力を高め、仕事も家庭も地域活動も充実!しかし、働き方改革のノウハウ不足などが課題に。そこで京都市では、経済団体等と連携し、市内中小企業の働き方改革を後押しするための「京の企業働き方改革総実践プロジェクト」を今年度新たに実施!
本日は、モデル企業として採択された7企業の皆さんと有意義な懇談。職場での目標や課題の情報共有の仕組み作り、休暇取得促進、働き甲斐、女性や若者が働きやすい環境づくり、業務の効率化、先端技術の活用など、それぞれ明確なテーマの下、意欲的な取り組みの数々に感動!そして社業も発展!未来志向の実践力に感服です。
こうした先駆的な取り組み事例について広く発信し、共有することで、京都の企業の働き方改革を後押しし、皆さんと共々に、全国のモデルとなる「働き方改革先進都市」を目指して頑張ります。