門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.07.05
元清水小学校跡地を活用し、歴史的な景観、文化を大切に、伝統産業、地域振興、安定した雇用の創造など、京都経済活性化に繋がるホテルを、地域の合意の下に、NTT都市開発と基本協定

元清水小学校の跡地活用にについて地域の田中会長はじめ皆さんと議論し、合意形成。そして、公募型プロポーザルを実施。10社ものご提案の中から選定されたNTT都市開発。本日は基本協定書を締結。
既存の歴史的な校舎を保存・活用。客室数40室の高級ホテルに。敷地内には、地元利用施設として集会所、展示スペースなどを設置。グラウンドは地域の憩いの空間としても活用。食器・内装・寝具などへの京都の伝統産業品の使用や着物の着用などもお約束。
京都にとって重要なのは、観光と伝統産業、文化とのコラボ。歴史的な街並みの保全、正規の安定した雇用の創造!。こうした課題にしっかり対処する新たな京都観光のモデルを創造していただきます。牧貞夫社長を先頭とされるNTT都市開発の皆さんは、新風館跡地のホテル建設に当たっても旧建物を保存活用されるなど、京都市のまちづくりの理念・施策をご理解いただき有難いです。また、田中博武清水自治会連合会会長はじめ地元住民の皆さんにも深謝。共々に地域と京都の未来のために全力投球します!