門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.12.18
日本の文化行政の新たなステージへ!文化庁京都移転推進シンポジウム「文化芸術による新しい価値の創出と地方創生」@京都劇場。2021年度中の移転を見据え、文化を基軸としたまちづくりを加速!決意を込めて私からご挨拶。中村伊知哉 慶應大教授の進行で、京都館館長の小山薫堂さん、メディアアーティストの落合陽一さん、マンガ家の竹宮惠子さん、文化庁 村田喜則次長による奥深いパネルディスカッションに感銘!

文化庁の京都移転は、東京一極集中を是正し、文化で地方創生!。文化で日本全国を元気に!そして世界の平和に貢献。そのため、文化と経済、観光、教育、福祉、子育て支援など…あらゆる施策を融合して新たな文化政策を創造!文化庁は10月から機能・体制を強化して「新・文化庁」に!京都もしっかり責任を果たし、文化を基軸とした都市経営を更に深化させ、危機的な状況にある全国の伝統文化や地場産業の振興につなげ、皆さんの豊かなくらしの実現に努力することを改めて決意。