門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.02.04
9月20日から11月2日まで、全国12会場で開幕!ラグビーワールドカップ支援京都委員会 役員会。東京から組織委員会の島津昭事務総長を迎え、中本晃会長(㈱島津製作所会長)、木下博夫副会長(ワールドマスターズゲームズ関西事務総長)、田邊親男副会長(親友会グループ会長)、古田泰久副会長(㈱宝泉堂社長)、そして新木直人 下鴨神社宮司、坂田好弘日本ラグビー協会副会長はじめ錚々たる皆さんご出席の下、更なる盛り上げを!と開催。レガシーも大切に。広報やおもてなしの強化等について議論。

一昨年5月、ロンドン・アイルランド以外での開催の例がない組合せ抽選会が京都で初開催!日本の、西日本のラグビー発祥の地・下鴨神社での蹴鞠体験、京都迎賓館でのプール組分け抽選会・交流会など大成功。世界から多くのラグビー関係者や、安倍総理、森会長をはじめ錚々たる皆様を京都にお迎えし喜んでいただきました。
京都市でも、ラグビーW杯、さらに東京オリパラ、ワールドマスターズゲームズ関西Japanも見据え、多言語対応やキャッシュレス決済の推進をはじめ、外国人観光客の受入整備などの準備を進めているところ。皆さんとしっかり連携し、ラグビーの振興とW杯の大成功、日本・京都の魅力の創造・発信に努めてまいります。