門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.02.19
京都の誇り・日本の宝!本庶佑先生!市会の同意を頂き、京都市名誉市民の称号を贈呈!「自治体の京都市と国立の京都大学が、医学・薬学・工学の連携した取り組みを京都大学の中で展開しているのは珍しく、医学部長当時から協力いただいた」との趣旨のお言葉も!嬉しいです。益々連携を深めます!

本日、寺田議長、湯浅副議長をはじめ市会議員の先生方にご臨席いただく中、市会議場で、本庶先生に京都市名誉市民の称号を授与させていただきました!
京都市ご出身の本庶先生。京都大学医学部で学ばれ、長年にわたり京都を拠点に志高い研究活動にご献身。平成14年に策定した「京都バイオシティ構想」の策定委員、「医工連携プロジェクト検討委員会」の座長をお務めいただくなど、本市の産学公連携によるライフサイエンス産業の振興に多大なご貢献。平成23年には京大に「先端医療機器開発・臨床研究センター」が開設され、本市も「京都市医薬工学産学公連携オフィス」を開設するなど、本庶先生のご功績が、今、大学の研究成果を事業化に繋げるプロジェクトとして大きく花開いています。
5年前の自治記念式典では特別功労賞を贈呈、また3年前には稲盛財団の京都賞、そして昨年ノーベル生理学・医学賞をご受賞!また、プロ野球、元阪神の岡田監督のファンで、「岡田会」でもよくご一緒しました。 研究に臨まれる真摯な姿勢と、大らかでユーモア溢れる人間性にいつも感銘!
本日のお人柄がにじみ出た素敵なお言葉にも改めて感動。心から敬意と感謝。これからも、世界の医療技術の進歩のため、困難な病に立ち向かう人々の希望のため、本庶教授の益々のご活躍をお祈り申し上げます。