門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.02.24
ドナルド・キーン先生の突然の悲報に接し、惜別の念を禁じ得ません。

京都市名誉観光大使であられるドナルド・キーン先生におかれましては、日本文学研究の第一人者偉として、京都でも日本文学の研究に打ち込まれるなど、本市の文化を基軸としたまちづくりに多大なる御貢献をいただきました。
東日本大震災をきっかけに、日本国籍の取得と日本への永住を表明されたドナルド・キーン先生。困難な時にこそ先生の愛する日本に寄り添われた行動が私の脳裏に焼き付いています。
これからますます重要さを増す文化芸術政策。私たちは、京都と世界を繋ぐ架け橋となったドナルド・キーン先生の行動を胸に、文化の力、芸術の力で我が国の振興、そして、世界平和の実現に貢献してまいります。そして、京都市がその先頭に立つことをお誓い申し上げます。ドナルド・キーン先生の御生前の御功績に敬意を表し、安らかなる御永眠を心からお祈り申し上げます。