門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.03.14
ボストンとの姉妹都市60周年記念!歌川広重による「保永堂版 東海道五拾三次 絵巻」(ボストン美術館所蔵。非公開)の精巧な復刻版2セットを、トッパンフォームズ㈱からご寄付いただきました。感激です!米田広宣 執行役員、関西事業部の水谷直 事業部長、足立正 営業部長はじめ皆さんに深謝。京都市国際交流会館で明日から展示。また1セットは4月の訪米時にボストン市に寄贈し、両市で多くの方に鑑賞いただきます!

日本の浮世絵版画の歴史で最も卓越した作品の一つと言われる広重の「東海道五拾三次」。ボストン美術館に所蔵され、寄贈者の意向によりいかなる場所でも原本の公開展示が禁じられていますが、今回、ボストン美術館の全面協力により、トッパンフォームズ㈱が世界初の「貼りつなぎ」なしの技術を駆使し、1枚の用紙に画像を10m以上同時印刷して原寸大復刻版を製作。53の宿場に、旅の起点の江戸と終点の京都を加えた55点。四季折々の風景や行事などを洗練された構図で描かれています。
本日は、ボストン美術館 浮世絵版画室長のセーラ・トンプソンさんによる解説を織り交ぜた紹介映像も拝見し、文化的価値を改めて実感。大切に活用させていただき、ボストン市との文化を基軸とした交流を一層促進します。