門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.03.14
「JTフォーラム~ひとのときを想う。~」にパネリストとして参加。深みのある楽しい議論に!「京の暮らしに息づく文化のこころ」をテーマに、石川一郎 京都新聞社論説委員長の進行で、作家の吉岡忍さん、島田雅彦さんとトーク。定員を大きく超えるご応募、400人で会場は満員!

1000年を超えて京都で受け継がれてきた和装や食文化、京町家など衣食住の暮らしの文化。市民ぐるみでの継承・発信、また担い手の育成が急務です。京都市では、京の食文化、花街の文化、地蔵盆、きもの文化、菓子文化、年中行事を、独自の「京都をつなぐ無形文化遺産」に認定。また一昨年、京町家の保全・継承に関する条例を制定し、2月には推進計画を策定。暮らしの文化を大切に守り育てていくための取り組みを進めています。
昨年10月には機能を強化した「新・文化庁」が発足し、2021年度中に京都へ全面的に移転!これを見据え、福祉、環境、教育・子育て支援、観光、まちづくり等々、あらゆる政策と文化を融合し、文化を基軸とした都市経営を更に深化させ、文化の力で京都から日本を元気に!そして世界平和に貢献を!引き続き全力を尽くすことを改めて決意。