門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.03.21
更なる進化!世界遺産登録25周年記念!「二条城桜まつり」が「IKENOBOYS」の生け花と映像の融合によるライブパフォーマンスで美しく華やかにスタート!華道家元池坊 池坊専好 次期家元、総合演出のNAKED Inc.村松亮太郎 代表とのトークショーに私も参加。「伝統と革新」をテーマに大いに盛り上がりました!

二条城と50品種300本の桜が幽玄な光に包まれる「桜まつり」には毎年30万人を超えるお客様!重要文化財・唐門では蝶が踊り、桜が舞い散るプロジェクションマッピング、清流園では立命館大の学生とのコラボによるライティング。また桜の園には、サトザクラの中を通り抜けできる小みちが新登場!また「IKENOBOYS」のいけばなが会場を彩ります。
二条城では、「朝観光」や多言語対応、誰もが利用しやすい周遊ルートなどサービスの改善、地道な取り組みを積み重ね、多彩な文化行事も開催!昨年度の入城者数は過去最多の244万人に。「ベスト・プロデュース賞」も受賞し、「今後の文化財の正しいあり方の方針」と高く評価いただきました。
厳しい状況にある文化財を未来に保存・継承していくためには、担い手の育成とともに、文化を基軸とした都市経営を深化させ、適切かつ積極的な活用で多くの方にその価値を認識いただくことが必要! 2021年度中に京都へ全面的に移転する文化庁としっかり連携し、これからも、文化財としての価値を大切にしっかり守りつつ、活かし、保存・活用のモデルとなる取り組みを積極的に展開します。