門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.03.27
市民生活と観光との調和の確保が重要!様々な施策を地域の皆さんと共に展開してきましたが、決意を新たに取り組みます。祇園町南側地区協議会 高安美三子会長、太田磯一幹事から、「観光客の迷惑行為に関するアンケート調査」結果のご説明とご要望書。店舗や私有地への無断侵入、路上喫煙やポイ捨て、物品等の破損、芸舞妓さんへの付きまとい・撮影など、一部の外国人観光客等のマナーが多くの方に迷惑をかけている実態は、京都市としても看過できません。ご要望を真摯に受け止め、今後、法令や罰則等を明記したリーフレット等の作成・発信、自警団の配置など、京都府警とも連携して踏み込んだ対策を検討し、地域と共に実行してまいります。

京都を訪れる外国人観光客の約半数が訪れる祇園界わい。これまでから他の地域に先駆け、地域の習慣やマナー等を伝える高札の設置、大学・学生さんと連携したキャンペーンなど努力を重ねてこられました。敬意と感謝。今年度、宿泊税を活用して創設した補助制度にも申請いただき、迷惑行為の抑制に向けた警備員の配置にご活用。
京都市としても、平成27年度から外国人観光客への啓発活動を実施し、今年度からは市内での啓発に加え、航空会社や旅行会社と連携して訪日前や京都への入洛前の啓発も強化!今後、国や京都府警との連携を一層強化し、外国人観光客等の迷惑行為の撲滅へ!地域と調和した観光の実現に全力を尽くすことを改めて決意。