門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.04.01
本日、新たな元号 令和が発表されました。

常に国民に寄り添い、国民の安寧と世界の平和を願い、全身全霊でお務めを果たしてこられた今上陛下、そしてともに歩みを進めてこられた皇后陛下に、改めて心からの敬意と感謝の意を申し上げます。
御即位される皇太子殿下におかれましては、新たな日本国の象徴として大変な重責を担われます。皇室ゆかりの地・京都として、私どもも令和の時代を共に歩ませていただきたく存じます。
平成年間、国内の戦争はなかった一方で、大震災や豪雨など、国難ともいうべき災害が相次ぎ、環境問題、格差、少子化、人口減少など様々な克服すべき課題も山積しております。
新たな時代が始まる今、持続可能な社会をつくっていく責任を皆が改めて考え、実行する時であります。
すべての人に健康と福祉、すべての人に質の高い教育、そして経済の発展と環境問題。持続可能な社会へ向けて、SDGsの達成、人々の幸せと世界の平和のために、京都も市民の皆様と共に全力を注いでまいります。