門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.05.08
IPCC総会歓迎レセプション。「DO YOU KYOTO?ネットワーク」の皆さんによる素晴らしい伝統芸能・文化の披露でおもてなし、そして日本酒で乾杯!ホーセン・リー IPCC議長、森本英香 環境省事務次官はじめ皆さんと懇談。この総会で承認される「 IPCC ガイドライン」に「 京都ガイドライン」との愛称を!との私からの訴えに、リー議長はじめ皆さんが共感!嬉しい限り。益々、京都の責任を感じます。脱炭素化、地球温暖化対策、そして持続可能な社会の実現に向け共々に努力することを誓い合いました。

ご協力いただいた「DO YOU KYOTO?ネットワーク」の大谷祥子さん(箏曲)、笹岡隆甫さん(いけばな)、曽和鼓堂さん(小鼓)、橋本忠樹さん、左鴻泰弘さん、井林久登さん、橋本光史さん、田茂井廣道さん(能楽)、三木啓樂さん(漆工芸)、諏訪蘇山さん(陶芸)に深謝。「しまつのこころ」や「もったいない」をはじめ、京都・日本で受け継がれてきた暮らしの美学や生き方の哲学を大切に、世界の課題解決に貢献する京都ならではのまちづくりに邁進することを改めて決意。