門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.05.19
いくつになっても自分らしく!学びあいと助けあいで!。祝、(福)健光園創立70周年記念式典。戦後間もなくから、長きにわたり、高齢者福祉や地域福祉に先駆的なお取組!偉大な貢献。理念に掲げられる「生涯地域居住」は、「すべての人に健康と福祉を!」など国連のSDGsにも通じます。改めて感銘。小國英夫 理事長はじめ皆さんに敬意と感謝。

大覚寺門前に開設された健康道場を起源とし、昭和24年、戦後の京都の老人ホームの草分け的存在として事業を開始。以降、特別養護老人ホームや養護老人ホームの運営、いち早く在宅支援に取り組まれるなど地域福祉の向上にご尽力。
嵯峨嵐山と伏見桃山をはじめ各地域において質の高いケアときめ細かい支援、また、近年、子育て支援にもごじ。高い志と実践に頭が下がります。
本格的な高齢社会が到来し、京都市においても、2025年には高齢化率が30%を超える見込み。住み慣れた地域での安心安全な暮らしを支えておられる福祉の担い手の皆さんの役割が益々大事に。皆さんと共々に、京都ならではの地域力を最大限にいかし、地域ぐるみで高齢者の暮らしを支援する「京都市版地域包括ケアシステム」の構築、そして、子育て支援に全力を尽くしてまいります。


今月の記事

アーカイブ