門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.07.22
食品衛生協会 8月の食品衛生月間に向けた取組準備

大倉会長、池本副会長、佐竹副会長、伊藤副会長、岡本専務はじめ6,300名を超える食品営業関係事業者の皆さんが、徹底した衛生管理と高い倫理観でご活動。食の安心安全のはもとより、京の食文化を創造・発信にご貢献。敬意と感謝。
京都市では、食中毒多発の月を食品衛生月間に位置付け、食中毒の予防に向けた様々な取組を実施。事前の打ち合わせにお越し頂きました。しっかりと連携し安心して京都の食を楽しんでいただけるよう全力を尽くしています。