門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.06.08
子どもたちの心身共に健やかな成長のためご献身!記念すべき30回目、20年ぶりの京都開催!「日本小児科医会総会フォーラム」千人の医師がご参加。藤田克寿 会頭(京都小児科医会会長)、日本小児科医会 神川晃 会長はじめ皆さんに敬意と感謝。松井医師会長、森全医師会長はじめ京都のリーダーが挙ってご参加。

全国から1000人を超える志高い小児科医の皆さんが参加され、「輝かそう未来を」をテーマに、小児がんや虐待、精神保健等、小児医療を取り巻く幅広い問題について講演やシンポジウム等をご開催。昨年12月に成育基本法が成立し、医療・保健・教育・福祉等の連携による、出生から大人になるまでの切れ目のない支援体制の構築が求められる中、高度な専門性を生かして中核を担われる小児科医の役割は益々大事に。
京都市においても、区役所・支所に設置した「子どもはぐくみ室」において、全ての職種の職員が「子育て支援コンシェルジュ」として市民の皆さんからの御相談に総合的に対応。さらに今年度から係長を14名増員し、体制を強化!これからも皆さんと共々に、子どもを社会の宝として大切に育む「はぐくみ文化」の実践・発信に努め、「すべての人に健康を福祉を!」国連のSDGsにも貢献してまいります。