門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.07.25
上下水道局、下水処理水の水質保全の専門家のプロジェクトの皆さんとハートミーティング。専門性と志の高さ、実践力に改めて感激です。

本市は、琵琶湖・淀川水系の中流域に位置する大都市。放流水が下流域1100万人の水道資源に。このため、下水処理に当たっては緊張感の下に、常に良好な水質確保が重要です!。市内4箇所(鳥羽、吉祥院、伏見、石田)の水環境保全センターの水質検査により放流水質の維持向上に全力投球しています。4センターの水質分析の精度向上、マニュアルの整備向上、更にお客さまサービスの向上のため、上下水道局の水質管理センター水質第2課では、委員会形式で業務連携プロジェクトを実施。立上げは8年前、懸命に安心安全の確保と自然環境の維持のため努力。目立たないところで重要な職責を果たし、常に改善を図りながら、誇りを持って取り組んでおられる姿にも感動しました。敬意と感謝。