門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.07.01
地域に根差し、福祉、子育て支援、災害対応など幅広くまちづくりにご貢献!京都市社会福祉協議会の小石玖三主 新会長が就任のご挨拶にお越し下さいました。芳賀正昭 常務理事とご一緒。じっくり懇談。今後とも、超高齢化社会を見据えた地域福祉、障害のある方、子育て支援など地域に根差した幅広い福祉の充実へ、共々に全力を尽くします。

「居場所づくり」や「見守り活動」など、「学区」「行政区」そして「全市」の三層の社会福祉協議会「市社協」がしっかり連携し、住民主体の福祉サービスや支援体制の構築で地域の絆づくりにご貢献。昨年、相次いだ地震・豪雨・台風でも、一人暮らしのお年寄りの安全確認や避難所対応などにご献身。全国で死者多数の中、京都市内では尊い命が守られました。市社協からの職員派遣や京都市災害ボランティアセンターとして福知山市・宮津市・倉敷市へのボランティア派遣など、被災地支援にもご尽力。昨年10月には本市・民間企業との協定を締結し、在庫商品を団体や施設に配分する新たな取り組みもスタート!改めて敬意と感謝。