門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.07.25
社会正義実現のため、真実を追究し犯罪に立ち向かう志高いお取り組みに心から敬意。京都地方検察庁 廣上克洋 検事正がご来庁。犯罪防止、来年4月に迫ったコングレス(国連の犯罪防止 刑事司法会議)の成功へ向け懇談。

明治5年、二条城内に設置された京都府県裁判所が京都地検の起源。犯罪の捜査や刑事事件の起訴、裁判での立証など、事案の真相を明らかにし、刑罰法令を適正・迅速に適用する大切な役割を担われます。また犯罪被害に遭われた方々の支援にも多大なご尽力。
廣上 検事正は、京大法学部をご卒業後、各地の検察庁で検事等を歴任され、最高検察庁総務部長から京都地検検事正にご着任。心強いです。犯罪や非行のない明るい社会の実現に向け、共々に努力することを誓い合いました。