門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.07.29
来年7月、全国大会が京都で開催!設立70周年を迎えられた「地盤工学会」関西支部の三村衛 実行委員長(京大大学院工学研究科教授)、渦岡良介 部会長(京大防災研究所教授)がお越しに。じっくり懇談。

家屋や学校、道路、鉄道、堤防など私たちの生活基盤を支える「地盤」について研究されている「地盤工学会」。地震や洪水による土砂崩れや液状化、道路の崩落等を予防するためにも、極めて重要。専門知識を持つ若手技術者や研究者の育成のためにも、全国大会の開催は大きな意義を持ちます。世界中の社会インフラを支える建設技術が一堂に会し、進化を続けるテクノロジーに触れる絶好の機会!大会の大成功を祈念。京都市もしっかり連携させて頂きます。