門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.07.31
始まりは京都から!開会式は2021年5月14日、京都市の岡崎地域で!4年に1回開催、世界最大の生涯スポーツの祭典「ワールドマスターズゲームズ2021関西」庁内推進本部会議を初開催。

出場選手は海外2万人、国内3万人、計5万人と東京オリパラの3~4倍。参観者等を含めると15万人以上、経済波及効果は1,461億円にも。京都市では、大会のメインイベント・開会式(岡崎一帯)、陸上競技、バドミントン、スカッシュ、空手を開催!概ね30歳以上なら誰でも参加可能で、参加者募集は来年2月から。
大会の成功へは、市民・民間事業者をはじめとした民間活力を活かすこと、市民、国民的な盛り上がりが重要!また、京都・関西・日本の魅力を世界に発信する絶好の機会。関係者の皆さんとしっかり準備し、市民スポーツ、生涯スポーツの振興、さらに健康長寿のまちづくりへしっかり繋ぐことを改めて決意。

「ワールドマスターズゲームズ2021関西」


今月の記事

アーカイブ