門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.08.01
「ONSEN+Kyo.」(温泉+京都)で新たな価値を創造!「京都市温泉活性化協議会」総会。磯橋克康 会長はじめ京都ならではの素晴らしい温泉施設の皆さんと手を携え、京都の温泉の魅力を創造・発信します!

昨年の京都観光総合調査の結果では、「温泉」を目的に京都へ来られる外国人観光客は10%。一方、4割の方が、次回訪問時には温泉に行きたいと回答!温泉観光は大きなポテンシャルを秘めています。
京都市内で温泉事業者の皆さんと京都市、市観光協会による協議会では、おもてなしの質の向上や温泉を増やす取り組みも推進。京都市では、8年前に「温泉利用者への入湯税」を全国の例にならい導入。毎年、入湯税を生かして京都ならではの温泉活性化、魅力向上の取り組みを推進。共々に、京都ならではの温泉の魅力を高め、おもてなしの質の向上に努めます。
「ONSEN+Kyo.」