門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.08.13
「びわ湖疏水船」秋シーズンの予約販売は8/20(火)から!昨春、67年ぶりに復活し、大好評!今秋は、総席数を4,320席(昨年)から5,520席へ増!10/3~12/1の期間に48日間運航します。

150年前、明治維新で都市存亡の危機にあった京都において、先人達は、琵琶湖疏水の建設や日本初の水力発電所(蹴上発電所)など、未来を見据えた先進的な取り組みを重ね、この困難を乗り越え、水運や水力発電による電力で今日の京都の発展の礎を築きました。
昭和26年、陸運の発達により姿を消した疏水通船の復活は不可能と言われましたが、京都市上下水道局が実現への強い決意で取り組み、京阪をはじめ民間事業者、国土交通省等のご理解ご支援を得て、大津市とも連携し、試行運転を続け、明治150年の節目の昨年、遂に本格運行!
今秋は、より多くのお客様に乗船いただけるよう、運航日数を40日(昨年)から48日に拡大、紅葉の美しいトップ期には 1 日9便から11便に増便し、総席数を1,200席増。ご予約は、8/20(火)から以下のウェブサイトで。ぜひお楽しみください。

「びわ湖疏水船」