門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.09.03
犯罪や非行のない明るい社会を!「社会を明るくする運動」。尊い活動を実践されている保護司会や更生保護女性会の皆さんと大会宣言、そして河原町通をパレードし呼びかけました!京都保護司連絡協議会 大橋憲宏 会長をはじめ皆さんに心から敬意と感謝。来年4月には、犯罪防止・刑事司法分野の国連最大の国際会議「京都コングレス」が開催。「誰ひとり取り残さない」SDGsの「平和と公正をすべての人に」等の目標も見据え、皆さんと共々に、誰もが安心安全に、笑顔で暮らせるまちづくりにまい進します。

京都府警と協定を締結して市民ぐるみで「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」推進運動を展開し、市内の犯罪件数は、ピーク時(2004年)から7割減、協定締結前(2013年)から5年間で5割減の11,660件に!一方で、再犯率の高さは社会的な課題。罪を犯した方を地域で温かく見守り、立ち直りを支援する「社会を明るくする運動」は益々重要に!京都市推進委員会の委員長を私が務めます。
会場には、PTAや自治会、社協、体振、女性会などでご活躍の皆さんが、保護司、更生保護としてもご献身。ご参加の全ての皆さんに深謝。