門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.09.06
京漆器をはじめ京都・日本文化の魅力を、関西学院大 粟田研究室の学生さんが創造的に発信!築120年の町家を再生した「京漆器カフェ」内覧会。12月のオープンに向け、クラウドファンディングで資金を集められるとのこと。学生さんの熱意と行動力にも感服です。

「触れる、感じる、京漆器」というコンセプトの下、伝統工芸や食文化をはじめ京都の魅力を再発信する「京漆器カフェ」。漆器のアソベ、京都漆器工芸協同組合、佐藤喜代松商店、亀谷良長、MAISON DE FROUGE、洛甘舎、Dari K、椿堂が、漆器の提供や体験、生菓子やお茶の提供にご協力。学生さんの挑戦を応援される高い志に敬意。


今月の記事

アーカイブ