門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.09.12
祝、「こどもみらい館」入館者800万人セレモニー。北区からお越しの高野由衣ちゃんと高野麻由さんに、永田萠 館長と共に記念品と花束を贈呈!中京もえぎ幼稚園の子どもたちも同席して祝っていきました。開館から20年目を迎え、今も年間40万人がご来館。子どもを社会の宝として育む「はぐくみ文化」を大切に、「京都で子育てをしてよかった」「京都で育ってよかった」と思っていただけるまちづくりに全力を尽くす決意を新たに。

京都の子育て支援の総合推進拠点「こどもみらい館」。「全てはこどもたちのために」と行政の縦割りを廃し、教育・福祉・保健医療が三位一体となった、まさに全国唯一の「融合」の象徴。1999年の開館以来、私立、市立、国立の垣根を越え、保育所と幼稚園の枠も越えて、「研修」「研究」「子育て推進」「ボランティアの育成」「情報発信」などに、こどもみらい館のスタッフが、関係者やボランティアの皆さんと共に取り組んできました。
こどもみらい館では、20周年記念事業として、幼児から大学生までを対象とした「手作り絵本コンクール」を開催(作品募集は9/30迄!)。また、9/23(月・祝)には親子で楽しめる「京都市交響楽団 弦楽四重奏コンサート」(10:30、11:30の2回。入場無料、申込不要)も!

京都市では一昨年、区役所・支所 14ヶ所に設置した「子どもはぐくみ室」において、全ての職種の職員が「子育て支援コンシェルジュ」として市民の皆さんからのご相談に総合的に対応。さらに今年度から職員を24名増員!14ヶ所に子育て支援係長を新たに配置するなど体制強化!また、児童相談所の機能強化へ相談員等を5人増員!合計で29人の体制強化!保育所6年連続、学童保育8年連続の待機児童ゼロ達成など、子育てを支える環境の充実にも関係者の皆さんと共に全力!これからも共々に「子育て・教育環境日本一」の京都の実現にまい進してまいります。