門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.09.28
「国家戦略としての京都創生」をご支援いただいている志高い官僚の皆さんに深謝。「日本の京都研究会」の京都ご視察・勉強会。「京料理はり清」で会費制の懇親会。総務省、外務省、文科省、経産省、国交省の幹部職員の方々がお忙しい中、京都にお越しいただき、京都の奥深い文化を視察・体感され、同時に伝統文化・伝統産業の継承などさまざまな課題についても改めてご説明。

京都は日本・世界の宝!その宝を守り創生するため、京都が果たすべき役割に全力投球。同時に、国の施策の充実・転換なしに成し遂げ得ないことを国策に位置付けて、保全・創生し、そして未来に受け継ぐ「国家戦略としての京都創生」。2003年から市民ぐるみで果敢に挑戦!その取り組みの一環として、国の省庁の幹部職員、学識経験者、本市幹部職員による「日本の京都」研究会!
本日は、京都最古の禅寺である建仁寺、広告景観づくりの事例、花見小路や祇園新橋の町並み景観、大阪・滋賀に分散していたデザイン部門を集約された「パナソニックデザインセンター」、伝統と新たな技術を融合した酒造りをされている松井酒造。明日はびわ湖疏水船、関電蹴上水力発電所をご視察。伝統から先端まで、京都の文化や魅力を体感いただきます。
そして、京都が誇る食文化・京料理の奥深さを体感いただきながら、活発で有意義な意見交換。ご参加の皆さん、そして視察先としてご協力の皆さんに敬意と感謝。