門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.10.06
第16回 科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム(STSフォーラム)開催式。世界から選ばれた科学者、企業・政府のリーダー1,400人のご参加者。白熱した議論がスタートしました。尾身理事長、安倍首相、各国の代表らが熱のこもったご挨拶。

各国の閣僚、科学者、経済人、大学学長、ジャーナリストなど1,400名もの錚々たる皆さんが集結。科学技術の光と影を見据えた長期的持続可能な社会の成立を目指し、80 カ国・地域からリーダーが集まり、10/8までに10 の全体会議、8 の分野(エネルギー、ライフサイエンス、エンジニアリングとイノベーション、環境、科学技術協力、科学技術と社会、ICT、社会インフラ)のテーマを討議する 24 の分科会を開催。極めて意義深いです。
京都市、京都府からも毎年スタッフを派遣。開会式には安倍首相も毎年ご挨拶。STSフォーラム 尾身幸次 理事長はじめ関係者の皆さんのご尽力に敬意。
経済のダボス会議に匹敵する「科学と技術」をテーマとした継続的な会議を京都で!との尾身先生らの懸命ご尽力で、10年は続けよう!!との決意をもってスタート。それが16回を迎え、国際的な認知度も飛躍的に高まりご発展。心から敬意と感謝。明日夜は、地元府市経済界等主催の歓迎会でおもてなしです。