門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.10.08
昨年の豪雨で大きな被害を受けられた広島県坂町の吉田隆行 町長、藤本大一郎 総務課長が、京都市の職員派遣など支援に対する御礼のためご来庁。京都市からの派遣職員が大活躍!との嬉しいご報告。頼もしい限りです。1日も早い復興に向け、引き続き全力で支援してまいります。

坂町では18名もの尊い命が失われ、1,300件近い住宅全壊・半壊など大きな被害。京都市では直ちに95名の緊急消防援助隊を派遣するとともに、職員を交代で長期派遣し、被災住宅に係る支援や応急仮設住宅・町営住宅の管理などの業務に従事。被災地でお役に立たせていただくと共に、貴重で意義深い経験・教訓を京都へ持ち帰り、他の職員とも共有。市民ぐるみでの防災・減災の取り組み、災害時の対応に、さらには、レジリエントシティ、SDGsの実践にも活かされています。