門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.01.06
職員への年頭の挨拶・訓示の前に、観世流能楽師シテ方 片山九郎右衛門様、分林道治様、橋本忠樹様による謡曲「高砂」の披露!職員の皆さんと共に私も冒頭の部分を吟じました。今年も天下泰平、夫婦円満、長寿などを寿ぐお正月に相応しいお目出度い曲が響き渡り、感激です。

文化庁の京都への全面的移転を見据え、京都からの文化の発信、文化を中心とした都市経営が益々重要に!職員自らが京都に伝わる深い文化を理解し、文化で日本を元気に!「隗から始めよ!」と、3年前から年頭訓示に先駆け、素晴らしい伝統文化の担い手の皆さんをお招きし、ご披露いただいています。深謝。


今月の記事

アーカイブ