門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.08.11
「京の伝統工芸」×「京料理嵐亭」@京都センチュリーホテル 8月のテーマは京の伝統・京扇子の美。5月には西陣織を。そして11月は京くみひも・京真田紐、2月は結納飾・水引工と続きます。深謝。

9世紀頃京都で生まれた京扇子、貴族の間で用いられることで発展。 涼しさを呼ぶ夏扇のほか、舞扇、能楽扇、板扇、飾扇、茶扇など多種多様です。京都センチュリーホテルの「京料理嵐亭」では、京の豊かな伝統・文化にふれると同時に、美味しい京料理を味わっていただける企画。京都の伝統工芸の展示・実演と、テーマに沿った特別献立、贅沢な機会です。「見て」「食べて」感じる京都の豊かな文化。更に、ロビーから室内まで、京都の伝統産業が生かされてます。京都の奥深い魅力の発信にご尽力の 山下剛史社長はじめ皆様に感謝。


今月の記事

アーカイブ