門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.01.11
環境に優しい、世界一美しいまち・京都の推進にご尽力。京都環境事業協同組合 新年会。平塚一利 理事長はじめ皆さんに敬意と感謝。更なるゴミの分別、減量、働き方改革、そしてSDGsの取り組みも各社が主体的に!共々に努力を誓い合いました。

京都議定書誕生の地・環境先進都市京都!その誇りと責務の下に、昼夜を分かたず、一般廃棄物の収集業務、特に、ごみの分別・リサイクル、減量等、本市の市民ぐるみで推進する環境行政に大きくご貢献。また、祇園祭でのごみゼロ大作戦などにも主体的にご参画、多大のご尽力。こうした取り組みの結果、この10年余でゴミは82万トンから41万トンに半減!1人当たり399gと、全国の大都市で最も少ない水準に!更に削減し、2020年度までに39万トンへ!皆さんと共々に。敬意と感謝。


今月の記事

アーカイブ