門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.01.24
身近な法律家、生活相談役として、市民と行政をつなぐ架け橋としても大活躍!空き家対策、違法民泊の根絶、宿泊施設と地域の調和にもご尽力。京都府行政書士会 新年賀詞交換会。政治連盟から推薦状も頂戴し、心強い限り。堀井泰史 会長はじめ皆さんのご活躍に敬意と感謝。

相続・遺言、青年後見、電子申請など市民の皆さんに一番身近な「まちの法律家」としてご活躍。また。区役所・消費者総合相談センターでの無料相談会の実施などにもご尽力。京都市の民泊地域支援アドバイザーへのご参画、空き家対策など新たな課題へも積極的にお取り組み。
昨年12月の行政書士法改正では「国民の権利利益の実現に資すること」が目的として新たに明記。人生100年時代、これからも皆さんと手を携えて安心安全・持続可能で市民の皆さんが豊かさを実感していただける京都へ!共々に努力します。