門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.08.20
灯りでむすぶ姉小路界隈 「姉小路行灯会」。地域ぐるみでの京都の町並み景観の保全・再生モデル。20年の取組!

町家や町並み景観の保全に先進的にご尽力の「姉小路界隈を考える会」の皆さん。敬意と感謝。今年も大にぎわい!
手作り行灯が600基、御池中のブラスバンド演奏も素晴らしいです。さらに、三味線、市芸の弦楽三重奏、もえぎ幼稚園児のもえぎ音頭!
さて、京都市の地域景観づくり政策などは進化し、姉小路界隈も次々と更にモデルに。新たにお店を営業される方と地域との協議会の開催、車の20キロ規制等歩いて楽しいまちの取組などにご尽力。市古会長、谷口事務局長をはじめ、皆様に心から敬意と感謝。.


今月の記事

アーカイブ