門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.08.22
日本の未来と人づくり 「第34回京都教育懇話会」で講演、そして18歳有権者の議論、テーマは「イギリスのEU離脱」

堀場厚会長を先頭に経済界、学校、大学、行政、地域など幅広い方々のご参画で、子どもの視点で教育改革を推進する「京都教育懇話会」。私の教育長当時、日経新聞記者の佐藤徳夫氏らの尽力で発足。京都ならではの取組を実施。今回は、「グローバル時代の主権者教育像」がテーマ。18歳選挙権が実現した先日の参院選では、京都の18、19歳の投票率が全国平均を8%も上回りました。これは未来を見据え、京都が地域ぐるみで取り組んできた教育改革の一つの成果でも。先日の中教審部会でも私から発表し注目を集めました。
高校生と大学生による司会、討論も心強い限り。開会に当たり、主催者の要請で私の高校時代の話しも、赤裸々に(笑)させていただきました。開催にご尽力の関係者の皆さんに深謝。


今月の記事

アーカイブ