門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.11.08
30年前、環境と平和を世界に訴える「THINK SOUTH」を合言葉に、南極を犬ぞりで世界初横断した冒険家の皆さんが世界各国からお越しに!30周年を記念し改めて現代社会の課題にもつながるメッセージに着目し、次代につなげる「THINK SOUTH FOR THE NEXT」に取り組んでおられます。京都議定書誕生の地であり、脱炭素化に向けたパリ協定の実行を支える「IPCC京都ガイドライン」が採択、さらに2050年までにCO2排出正味ゼロを目指す「1.5℃京都アピール」を発信した京都へ皆さんをお迎えできたことは嬉しい限り!

アメリカのスティーガーさん、フランスのエチエンヌさん、ロシアのボヤルスキーさん、イギリスのサマーズさん、日本の舟津圭三さんとご家族がご来庁。世界を代表する探検家・研究家の皆さんです。また当時一緒に南極に行かれた中国のダホさんからビデオメッセージも。30年前、6か国6人の冒険家が、言葉や文化の違いを超え、220日間かけて6,400kmを踏破。改めてその挑戦心と偉業に感銘。
「気候危機」が叫ばれる今日、発信力の高い皆さんが環境や平和に目を向け、志高くご活動されるのは心強い限りです。気候変動をはじめさまざまな世界の課題に目を向け、国連のSDGsが目指す持続可能な社会の実現へ!全力を尽くす決意を新たに。深謝。