門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.03.26
府・市・国・労働団体・経済団体が一丸となり新型コロナウイルス感染症対策と、雇用の維持等に全力投球。休業者等への所得保障等の国への緊急要望を意思統一。「京都労働経済活力会議」を臨時で緊急開催。西脇知事、南保 京都労働局長、廣岡 連合京都会長、小畑 京都経営者協会会長と経済や雇用への影響について現状を共有し、今後の対応について協議。私からは、府市協調での緊急融資等の資金繰り支援に加え、京都市の緊急の補正予算で新たな支援策(経営相談体制の強化、観光事業者への緊急助成)を速やかに実施する決意を表明。本日の議論を踏まえ、其々で取り組みを強化し、また、国へ緊急要望を行います。

京都市では、新型コロナウイルス感染症の学生の就職活動への影響を把握するため、「京都市わかもの就職支援センター」に来所した学生への聞き取り、38大学への緊急調査を行い、7割の学生、6割の大学から「影響がある」との回答。また、観光関連事業者をはじめさまざまな業界から、売上の大幅な減少など悲鳴のような切実な声をお聞きしています。
京都の宝である中小企業・地域企業を支え、学生さんの不安を解消するため、オール京都で全力を尽くします。