門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.12.25
「京都スポーツの殿堂」岡島秀樹さん(野球)、小田美岐さん(ゴルフ)、北村友里さん(パラリンピック水泳)が殿堂入り!また指導者の今井良春さん(卓球)、川勝主一郎さん(ラグビー)、田淵和彦さん(フェンシング)、森貞男さん(サッカー)を京都スポーツの殿堂 特別功労表彰。皆さんは京都の誇り、宝です!

今年も京都ゆかりのアスリートの皆さんが国内外で輝かれた年に!そのご功績を称えると共に、幅広い市民の皆さんに夢と希望、感動を与えていただく「京都スポーツの殿堂」。
岡島秀樹さんは伏見区ご出身で、東山高時代に甲子園に2回出場。プロ野球では巨人、日本ハムなど4球団、メジャーリーグではボストンレッドソックスなど2球団で大活躍!現在は野球解説や野球教室などを通じて野球の魅力発信にご尽力。小田美岐さんは南区ご出身で、12歳からゴルフを始められ、平安女学院高、同志社大でアマチュア通算38勝、プロでも6勝。現在でも女子ゴルフの普及のため多彩にご活躍!北村友里さんは北区ご出身で、3歳から京都踏水会で水泳を開始。紫野高2年のときに脳腫瘍が見つかり、車いすでの生活になられましたが、強い思いで競技を続けられ.アテネ・北京のパラリンピックをはじめ数々の国際大会で大活躍!
世界を舞台にご活躍の皆さんならではの奥深いスピーチに感銘!深謝。ラグビーW杯の感動的な盛り上がりを来年の東京オリパラ、翌年のワールドマスターズゲームズ関西Japan(京都市では岡崎での開会式と4競技を開催)へつなげ、皆さんと共々にスポーツの魅力を発信!京都からスポーツを盛り上げます!