門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.05.19
5月市会が開会。補正予算第2弾として、市民、中小企業等事業者の皆さんへの本市独自の支援策、感染拡大防止策について、総額42億円を提案、説明。

4月市会に続く第2弾の補正予算により、感染拡大防止対策として、PCR検査の拡充や、感染患者を入院で受入れる医療機関への独自の支援、オンライン教育やICT教育環境の充実などを行い、新しい生活スタイルの徹底に取り組みます。

市民、中小企業・個人事業者等の皆さんを全力で支援するための各種の事業、京都に根差した飲食店の売上増や新たな顧客獲得のためのデリバリーサービス利用促進、収束状況を踏まえ、市内消費拡大や経済回復に向け、市民の皆さんに市内の料理屋さん・飲食店や宿泊施設を利用いただく、京都の魅力再発見の取組。

また、医療機関や医療従事者を支援するため、皆様方の尊いお志を受け止め、施策に反映するための「支え合い基金」の設置を提案。既に寄付の受付を開始し、お志をお受けしています。

厳しい中小企業等の状況、京都市独自の緊急支援補助金への多数の申請状況等を踏まえ、今5月市会では、中小企業等への支援を中心に第3弾となる補正予算も追加提案すべく検討・準備しています。
市会の先生方との緊密な連携のもと、全庁挙げて、市民、事業者の皆さんが置かれている状況に心を寄せ、寄り添いながら、経験したことのないこのコロナ禍の終息に向け、全身全霊で闘ってまいります。