門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.06.11
飲食、宿泊、修学旅行等の関係者の皆さんと協議懇談。厳しい現状をお聞きしました。改めて、力を合わせて、ウイズコロナ社会のもとでの、感染防止と京都の食文化、市民の安心、豊かさに繋がる新たな観光モデルの構築、中小企業支援等に取り組むことを決意

京都料理芽生会(園部会長)、京都料理組合(寺田組合長)、京都府料理生活衛生同業組合(園部組合長)、京都府料理飲食業組合連合会(安念会長)、 京都府旅館ホテル生活衛生同業組合(小野理事長)はじめ関係者の皆さんから、極めて厳しい現状を拝聴。
この間、中小企業支援施策、あんしん追跡サービス、京都の方が京都の文化、料理等を楽しみ地域で経済を回す観光、市民、観光客の安心安全のためのアドバイザーチームの設置等の取組を進めてきましたが、皆さんのお声を踏まえ、引き続き、京都の宝である中小企業支援等に取り組みます。
また、修学旅行生受入れに関するご要望も。全国から、「京都に修学旅行に行きたい、行かせたい!」との多数のお声。専用の24時間電話相談窓口、感染疑いの場合の徹底した検査体制など、観光事業者の皆さんと連携し、修学旅行生と市民の皆さんの安心安全に全力で取り組みます。
今後もコロナ以前の観光に戻すのではなく、ウィズコロナ時代の安心安全で、地域とより調和した新たな観光モデルを京都で!共々に努力してまいります。

今月の記事

アーカイブ