門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.06.27
毎月恒例のラジオ2番組で市政情報トーク。KBS京都「大作・英樹のだいすき☆京都」(羽川英樹さん、アシスタントは西上真帆さん)、αSTATION「C'sNAVIGATION MAYORTALKS☆KYOTO」(DJ川島郁子さん)。感染拡大防止策を徹底し、ウィズコロナ社会における、経済対策、中小企業、市民生活・文化芸術への支援、市民と観光客の安心安全を確保した新たな観光、熱中症への注意などについてお話しました。

市内では、一昨日1人、昨日4人の新規感染者。緊張感を共有し、直ちに職場、家庭等の接触者を徹底調査、医師の判断のもと広範囲にPCR検査を実施。感染拡大防止、早期収束に向け取り組んでます。
この間、府市協調、医師会とも連携し、独自基準のPCR検査等、徹底した検査・医療体制を構築、京都大学と連携した抗体検査含め、感染拡大防止に取り組むとともに、市民、事業者の支援のため、府や国と連携、独自の経済対策を第3弾まで実施。この間 多くの業種や文化団体等と意見交換・要望をお聞きし、第4弾の支援策・補正予算を作成中、7月には議会で議論いただきます。
また、行政書士会等たの連携のもと、京都市・府・国の支援策を巡回によりご紹介しサポートするセンターを設置。既に多くのご相談。ぜひご利用ください。
お待たせしている特別定額給付金については、400人強の体制で早期支給に取り組んでおり、来週中に申請者の7割、7/17にはほぼ全ての申請者にお届けできる予定です。
6/19からは、府県をまたぐ移動が緩和。市民の皆さんの安心安全が大前提、感染防止策を徹底します。まずは京都の方に京都の魅力を再発見してもらうため、地元応援キャンペーンを実施。市内経済を回し、次に関西、そして全国から徐々に。コロナ以前に戻すのではなく、ウィズコロナ時代の安心安全で持続可能な新たな観光モデルの構築に向け、保健衛生等の専門家にもご参画いただきアドバイザーチームを設置。飲食店、宿泊施設等の個別相談に対応、叡智を結集し、市民、観光客の安心安全を確保するとともに、地域の豊かさにつながる観光へ!